VAIO

VAIO® Phone Biz導入事例

三井住友銀行様
~ VAIO Phone Bizが可能にする
ワークスタイル変革 ~

profile

船山明信 三井住友銀行 システム統括部 業務インフラ企画グループ グループ長
船山明信

三井住友銀行 
システム統括部
業務インフラ企画グループ

グループ長
御園亮介 三井住友銀行 システム統括部 部長代理補
御園亮介
三井住友銀行
システム統括部
部長代理補

めまぐるしいスピードでビジネスが変化する中、更なる成長のためにグローバル化や従業員のワークスタイルの変革を迫られている企業は少なくありません。
金融業界にもその波は押し寄せています。
FinTechという言葉に代表されるように、これまで参入が困難であった金融業界にもさまざまな企業が進出する中、キープレイヤーたちも改革に取り組み始めています。
三井住友銀行でもワークスタイル改革を推進しており、今回、その一端を担うデバイスとして、VAIO Phone Bizを先行導入しました。

VAIO Phone Bizを選んだ理由、そしてVAIO Phone Bizによって可能になることとは?

ワークスタイル改革を担うデバイス

ビジネスのグローバリゼーションや、人材の多様化、そして経営を支えるテクノロジーの進化を成長の鍵として考える三井住友銀行。

2016年5月には、業務効率化とワークスタイル変革の実現を目指して、Microsoft AzureやOffice 365といったパブリッククラウドサービスの採用を発表しました。

こうした取り組みを推し進める上で欠かせないのが、スマートフォンの活用です。三井住友銀行では2012年よりBlackBerryを導入し、約1,800台を従業員に配付、使用してきましたが、前述した改革をより推し進めるために新たなデバイスを検討。今回、候補として浮かび上がってきたのがWindows 10 Mobile を搭載したVAIO Phone Bizでした。

行内のOA機器やデバイスによる業務効率化を推進するシステム統括部の船山さんは、導入の経緯を次のように説明します。

「お客さまへのサービス向上はもちろんですが、私たちがさらなる成長を図るためには、一人ひとりの生産性向上が欠かせません。さらに、労働人口がどんどん減少する昨今、育児や介護など、さまざまな制約があるなかでも従業員が活躍できるような環境を用意する必要があります。私たちはそうした環境を実現するための手段の一つがスマートフォンだと考え、相応しいデバイスを探していました。」(船山)

船山さんがVAIO Phone Bizに注目した大きな理由の一つが、Windows 10 Mobileに搭載されている「Continuum(コンティニュアム)」という、スマートフォンをテレビやモニターに接続することで、ディスプレイとして使用できる機能。Windows 10 Mobileではマウスやキーボードの接続が可能なため、Continuumを利用することで、デスクトップPCのような環境を構築することができます。

スマートフォンとPCをContinuumで接続。違和感なくPC上で操作することができる

船山さんは、この機能を利用することで従業員がいつでもどこでも働ける環境が実現できるのではと考えたのです。

「たとえば在宅勤務をするとなると、現在では行内に接続するための専用リモート端末を家に持ち帰らなければ仕事ができません。でも、もしそれが普段から持ち歩くスマホで可能になれば、実現のための大きな後押しになります。VAIO Phone Biz は単なるスマホというよりも、OfficeやContinuum、リモートデスクトップの利用もできるため、小さなセットボックスとして考えています。」(船山)

一方、行内ではVAIO Phone Bizはもちろん、Windows 10 Mobile 自体の導入が初めて。不安もゼロではなかったと振り返るのは、御園さん。

「一番不安だったのは、Continuum が認知され始めた段階で、必要とされるスペックが確定的でない中、VAIO Phone BizでContinuumが本当に使えるのかという点です。導入しても、スペック不足で実用に耐えないとなっては、我々が進めるプロジェクトが大きく遅れてしまいかねません。VAIO Phone Bizを候補の一つとして考えていた際、Continuumを快適に利用できるスペックをVAIOさんにリクエストしていました。」(御園)

Continuumによって働き方や利用シーンが変わる

VAIO Phone BizはSnapdragon™ 617 オクタコアの搭載によって快適なレスポンスを実現。導入の大きな理由となったContinuumでも快適な操作感を実現しています。

「普段、ポケットに入れて持ち歩けるデバイスで、モニターとマウス、キーボードさえあればPCに近い環境が実現できるのは、他にない魅力。心配していたレスポンス遅延もほとんどなく、Continuumは、今後の働き方や利用シーンを大きく変える可能性のある機能だと感じています。」(船山)

一方で、Continuumをまだ使ったことのない御園さんは、デバイスそのものでも十分と説明します。

「私はまだContinuumを使っていないのですが、言い換えれば、今のままでも十分、使えているということでしょうね。これまで導入していたBlackBerryでは、メールチェックとスケジュールの使用のみでしたが、VAIO Phone Bizは液晶が大きく、見やすいので、モニターに接続しなくても大抵のことができてしまいます。何よりOSが使い慣れたWindowsですし、Office Mobileがプリインストールされているので、Officeとの相性がいいのが気に入っています。Continuumは利用者側で設備が必要となるので、普及にはもう少し時間がかかるかもしれませんね。」(御園)

行内のグループウェアとして使用している「Notes」とVAIO Phone Bizとの連携もスムーズで、先行導入して配布した行員の皆さんからも、評価は上々。デバイスの置き換え時に発生する行内の混乱もなく、今後、BlackBerryからの置き換えが進んでいくといいます。

金融業界の要求にも応える高いセキュリティー

Officeとの相性や、Continuumの快適さなど、ビジネスシーンでのさまざまなニーズに応える機能を搭載したVAIO Phone Biz。

しかしながら、企業に導入する際、何よりも重要なのがセキュリティーやデバイスのマネジメント。とくに金融業界では、より強固なセキュリティーが求められますが、それもWindows 10 Mobileの機能を活用することで、十分に対応できると船山さんは説明します。

「Windows 10 Mobileに搭載されているセキュリティーや認証機能を活用することで、安全性を確保するのはもちろんですが、行外で利用可能なコンテンツを制御することで、お客さまの大切な情報が外部に出てしまうことがないようにしています。Windows 10 Mobileは非常にエンタープライズ寄りになっているので、データ管理や暗号化、デバイスのマネジメントなどが一元管理できるので、その点でも非常に利用しやすいですね。」(船山)

さらに、ビジネスシーンでの使用に際して、どうしても気になるのがデバイスとしての完成度。どれだけ高スペックで十分な機能を備えていても、毎日の使用に耐える耐久性や、“所有する喜び”を感じられなければ、ビジネスシーンには相応しくありません。VAIO Phone Bizはアルミから削り出したデザインによって、高い質感と耐久性を確保。この点も採用の大きな要因になりました。

「私たちの仕事は経営者の方にお会いすることも多いので、ふだん身につけるものにも気を遣いますが、VAIO Phone Bizはその点でも満足しています。この価格帯で、このデザイン性とスペック、耐久性、高精細なディスプレイ表示を実現しているのは、他にないのではないでしょうか。デバイスの導入には何度も会議を重ね、Windows 10 Mobileにすることで、何が可能になるかといった点も検討しました。そうした議論のなかで、VAIOというブランドが持つ安心感も、導入への後押しになったと思います。」(御園)

三井住友銀行の行内改革の一翼を担うVAIO Phone Biz。スマートフォンでできることが今後、ますます増えていくことを考えると、VAIO Phone Bizは、企業導入の検討に値する端末だと二人は太鼓判を押します。

「ビジネスシーンに導入する以上、商品のライフサイクルや費用対効果は見極める必要がありますが、業務の効率化や、端末の管理の容易さなどを考えると、VAIO Phone Bizは十分、検討するに値するデバイスだと感じています。できることは本当にたくさんあるので、いかにうまく使いこなしていくかが重要ですね。」(船山)

「モバイルデバイスで実現したいことをはっきりさせて、それがVAIO Phone Bizで解決できることがはっきりすれば、非常によい選択だと思います。たとえば、当行では、従来紙書類でお客さまにご説明していたものをWindows タブレットに置き換えて効率化を図っています。これは、適材適所の端末を選ぶという考え方ですが、モバイル部門を担う一つがVAIO Phone Bizであることは間違いないと思います。」(御園)

自分たちが目指す働き方に何が必要なのか。船山さんと御園さんは今までの業務をしっかりと見つめた上でVAIO Phone Bizを選ばれました。だからこそ、最も適した活用方法により、生産性を上げ、さらなる飛躍へと進んでいくのでしょう。

VAIO Phone Biz

ビジネスを加速させる スマートフォン

製品情報はこちら 

法人のお客様へ
検証用機材の貸出し、商品の説明を行っております。
お気軽にお問い合わせください。
法人営業部
TEL:03-6420-0941
Mail:vpb@vaio.com