製品セキュリティー

近年さまざまな製品がインターネット接続されることが当たり前になり利便性が飛躍的に向上する一方で、セキュリティーの脆弱性を狙った悪意ある第三者による侵入やマルウェアの攻撃により動作異常を引き起こしたり、情報漏洩の発生等、さまざまなリスクが存在し、かつ増大しています。

VAIO株式会社は、開発・製造する製品への『ソフトウェアのセキュリティー上の脆弱性』や『生産過程でのマルウェア混入』を未然に防止し、できる限りのリスク低減を実現するためにセキュリティー専門チームを設置し、以下の活動を製品横断で実行しています。

製品のセキュリティーリスクに考慮した設計

開発初期段階からセキュリティーに配慮した開発を行います。自社で策定、及び定期的見直しを行っているセキュリティーガイドラインを順守し、守るべき資産の特定とそれに配慮した設計、推奨されるセキュリティー技術の積極的採用に努めています。また、万一の際にも脆弱性修正プログラムを簡単に適用できる方法をあらかじめ用意することで、お客様のリスク低減に努めています。

生産時のセキュリティーリスク低減

製造工程で意図しないマルウェアが混入しないよう、生産開始時のチェックと定期的な社内監査を実施し、リスク低減に努めています。

出荷後の対応

自社製品に関連するセキュリティーインシデントの監視を継続的に行う体制を持っております。自社製品に影響しうるリスク調査を行い、製品にセキュリティーリスクがあると判明した時は、速やかなアップデート等の提供を行い、リスク低減に努めています。