VAIOが日本に誕生してから、25年。
ソニーのグローバルPCブランドとして生まれ、独立してからも8年目を迎えました。

機能、性能、品質に、たゆまぬ進化を。それらを突き詰めた先にある美しさの追求にも妥協しない。
私たちは今日も、北アルプスの麓、長野県安曇野にある本社工場で、ものづくりへの情熱を育み続けています。

皆さまとともに歩んだ日々に感謝をこめて。新たな未来にエールをのせて。
これからもより多くの皆さまに、VAIOらしい製品を通して新しい体験をお届けしてまいります。

VAIOが日本に誕生してから、25年。
ソニーのグローバルPCブランドとして生まれ、独立してからも8年目を迎えました。

機能、性能、品質に、たゆまぬ進化を。それらを突き詰めた先にある美しさの追求にも妥協しない。
私たちは今日も、北アルプスの麓、長野県安曇野にある本社工場で、ものづくりへの情熱を育み続けています。

皆さまとともに歩んだ日々に感謝をこめて。
新たな未来にエールをのせて。
これからもより多くの皆さまに、VAIOらしい製品を通して新しい体験をお届けしてまいります。

「想い出のVAIO」キャンペーン

これまでも、これからもVAIOをご愛顧いただきたいという想いをこめて25周年の特別なプレゼント!
あなたの「想い出のVAIO」をSNSでご紹介いただき、ご応募ください。

25周年記念
VAIOオリジナルグッズ

数量限定、VAIOファンなら必ず手に入れたい特別なアイテム。

チャンスは2回。7月分・8月分でそれぞれ抽選し、各月25名様、合計50名様にプレゼント。8月のプレゼントは25周年記念デザインPARKERボールペンです!

VAIOストア
25%オフクーポン

VAIOストアで、VAIOをお買い上げの際、25%オフになる特別なクーポン。

チャンスは2回。7月分・8月分でそれぞれ抽選し、期間中合計25名様にプレゼント。最新のVAIO PCをお買い上げの際に、1台1回のみご利用可能なクーポンです。

ソニーストア
25%オフクーポン

ソニーストアオンラインで、VAIOをお買い上げの際、25%オフになる特別なクーポン。

チャンスは2回。7月分・8月分でそれぞれ抽選し、期間中合計25名様にプレゼント。最新のVAIO PCをお買い上げの際に、1台1回のみご利用可能なクーポンです。

応募方法 / 応募期間

Twitter、Instagram、Facebookのいずれかで、投稿やコメントいただくことでご応募完了!
キャンペーンのご応募には、VAIO IDへのご登録(メルマガ登録)が必要となります。

7月の応募期間 2022年7月1日~7月31日23:59 終了
8月の応募期間 2022年8月1日~8月31日23:59

VAIO ID(メルマガ登録)について ※ご応募にはVAIO IDのご登録が必要です。

VAIO IDとは
VAIO IDを作成いただくと、新製品の情報やお得なキャンペーン情報などのメールマガジンをお届けいたします。すでにVAIO製品をお持ちの方はもちろん、今はまだVAIO製品をお持ちでない方も無料で作成いただけます。

VAIO IDを新規作成する方
VAIOオーナーサイトよりVAIO IDを作成ください。
VAIO IDの作成は「外部サービスアカウントとの連携」または「メールアドレス」のみで完了しますが、本キャンペーンのご応募にあたっては、プレゼントの発送に必要な情報(お名前・ご住所・電話番号)のご登録が必須となります。

VAIO STORE IDからVAIO IDに移⾏される方
2021年2⽉16⽇以前にVAIO STOREで会員登録された⽅は、簡単なお⼿続きを⾏っていただくことで、VAIO STORE IDからVAIO IDに移⾏できます。
VAIO IDへの移⾏⼿続きについてはこちら

VAIO ID登録済みの方
プレゼントの発送に必要な、お名前・ご住所・電話番号をご登録ください(最新の情報となっているかのご確認をお願いいたします)。
VAIOオーナーサイトで登録内容を確認する

ご応募に際してのご注意

  • 本キャンペーンはVAIO株式会社(以下、当社)が主催しています。
  • 本キャンペーンには、Twitterアカウント、Instagramアカウント、Facebookアカウントのいずれかが必要です。アカウントをお持ちでないかたはご登録のうえ、ご応募ください。アカウントは公開状態とし、投稿やコメントが確認できない場合は応募が無効となります。
  • 7月分(応募期間:2022年7月1日~2022年7月31日23:59まで)の抽選・当選連絡は8月半ば、賞品のお届けは9月上旬を予定しています。8月分(応募期間:2022年8月1日~2022年8月31日23:59まで)の抽選・当選連絡は9月半ば、賞品のお届けは10月上旬を予定しています。賞品の内容、発送時期はやむを得ない事情により変更となる場合があります。
  • 期間中の投稿は何度でも可能です。7月分、8月分のどちらにもご応募いただけますが、プレゼントの当選はお一人様一回となります。
  • すべてのSNS合計で、当選者は「VAIOオリジナルグッズ」が50名様、「VAIOストア25%オフクーポン」が25名様、「ソニーストア25%オフクーポン」が25名様となります。各SNSの当選者数は、各SNSの応募数から配分いたします。
  • 「VAIOストア25%オフクーポン」「ソニーストア25%オフクーポン」の対象製品は、2022年7月以降発売モデル(VAIO SX12 VJS125シリーズ、VAIO S13 VJS134シリーズ、VAIO SX14 VJS145シリーズ、VAIO S15 VJS155シリーズ)となります。キャンペーン実施期間中に対象製品が追加されました場合には、こちらの特設サイトにてお知らせいたします。
  • 「VAIOストア25%オフクーポン」「ソニーストア25%オフクーポン」の有効期限は発行から2カ月となります。詳細はクーポン送付時にお知らせいたします。
  • 「VAIOストア25%オフクーポン」「ソニーストア25%オフクーポン」のご利用は、お一人様一回、一台限りとなります。
  • 締切後、厳正な抽選を⾏い、当選者を決定します。ご応募について、有効・無効のご連絡はいたしませんのでご注意ください。また、当選・落選についてのお問い合わせもお受けできません。
  • 応募者の投稿内容(画像・動画、コメントなど)については、当社は一切の責任を持ちません。本キャンペーンの応募に際し、以下のような投稿は行わないでください。
    • 第三者もしくは当社の財産もしくはプライバシー等を侵害するもの、または侵害する恐れのあるもの。
    • 第三者もしくは当社に、不利益もしくは損害を与えるもの、またはその恐れのあるもの。
    • 公序良俗に反するもの、またはその恐れのあるもの。
    • 犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつくもの、またはその恐れのあるもの。
    • 第三者もしくは当社の名誉もしくは信用を毀損するもの。
    • 宣伝、広告、勧誘、または営業行為を目的とするもの。
    • その他、法律、法令もしくは条例に違反するもの、またはその恐れのあるもの。
  • 指定のハッシュタグがない場合、ハッシュタグを変更して投稿された場合は、応募が無効となりますのでご注意ください。
  • 不正なアカウント(架空アカウント・他人のなりすましアカウント・同一人物による複数アカウント等)を利用して応募があった場合は当選を取り消しさせていただく場合があります。
  • 投稿頂いた内容について、当社公式SNSアカウントより本特設サイトでの掲載に関するコメントを送らせて頂く場合がございます。お手数をおかけしますが、確認頂きますようお願い申し上げます。
  • 18歳未満の方は保護者の同意を得た上でご応募ください。18歳未満の方がご応募された場合は、保護者の同意を得た上でご応募されたものとみなします。
  • 本キャンペーンへのご応募には、VAIO IDの登録が必要です。本キャンペーンへのご応募、VAIO IDを登録する際にかかる通信費⽤は、すべてお客様のご負担になります。
  • 本キャンペーンのご応募は、VAIO IDの登録住所が⽇本国内の個⼈のお客様に限らせていただきます。VAIO IDの登録情報に虚偽、誤り、不⾜があった場合は、当選を無効とさせていただきます。また、転居等により住所不明で賞品をお届けできない場合は、当選を無効とさせていただきます。
  • 賞品の交換・換⾦・返品は応じかねます。また、お客様の責により紛失・破損等があった場合は対応いたしかねますのでご了承ください。
  • 賞品を他人に譲渡すること、フリマサービス・オークションなどへの出品はご遠慮ください。
  • 事前に通告することなく、本キャンペーンを中断、変更、または終了することができるものとします。
  • 本キャンペーンはTwitter社・Meta社との関係はありません。
  • 個⼈情報については、VAIO IDご登録時に同意いただいた利⽤規約をご確認ください。
  • 本キャンペーンにご応募いただいた時点で、本注意事項に同意をいただけたものといたします。

●本キャンペーンに関するお問い合わせ
VAIO株式会社キャンペーン事務局 press@vaio.com

2022年7月5日 「想い出のVAIO」キャンペーン 特別クーポン対象製品にVAIO S13(VJS134シリーズ)を追加いたしました。

ご希望のプレゼントに該当するハッシュタグをコピーして、投稿ください。

#VAIO25周年をみんなで祝おう #VAIOオリジナルグッズ

#VAIO25周年をみんなで祝おう #VAIOストアクーポン

#VAIO25周年をみんなで祝おう #ソニーストアクーポン

ご希望のプレゼントに該当するハッシュタグをコピーして、投稿ください。

#VAIOオリジナルグッズ

#VAIOストアクーポン

#ソニーストアクーポン

VAIO25周年記念クイズ

VAIOに関する難問・奇問を含むクイズ全10問。
結果画面で認定証をプレゼント!あなたの結果を是非シェアしてください。

VAIOヒストリー

VAIOの歴代製品を厳選し、開発秘話と共にご紹介。あなたの想い出のVAIOはどれですか?

最新ラインアップ

「想い出のVAIO」キャンペーン 特別クーポン対象製品

1997年 PCV-T700MR

1997年 VAIO NOTE 505

デビュー1年未満のPCブランドが生み出した「銀パソ」ブーム

国内でVAIOの事業がスタートしたその年に発売されたVAIO NOTE 505は、もっと“我々ならではのPC”を作ろうという想いから開発がスタートしています。そしてそれならコンパクトでスリムなサブノートPCだろう、と。でも最初の試作機はまるで弁当箱のようにぶ厚いものでした。

そこでもっと薄くするために、外装素材を当時まだPCでの利用実績がほとんどなかったマグネシウム合金にすることを決意。しかし、マグネシウム合金は樹脂と異なり、内部に部品を固定するツメを設けるといったことが簡単にはできません。また、薄型化のための固定スペースもほとんどとれません。これまでのもの作りの常識がほとんど通用しない中、筐体上下の板状のパーツで内部の部品を挟んで固定するといったやり方を編みだし、なんとかB5ファイルサイズ、薄さ約23.9mmの小型・薄型ボディを実現することができました。

その後、PC業界全体にマグネシウム合金を採用する動きが広がり、「銀パソ」という愛称で呼ばれるようになったことを今でも誇らしく思っています。

1998年 VAIO C1

エンジニアたちの情熱が生み出した、誰も見たことがないPC

VAIO C1は、市場へのサプライズを期した“秘密兵器”。これまでの常識にないものを作ろうと白紙から議論し、AVメーカーならではの取り組みとして、独自の回転式カメラ「MOTION EYE」を内蔵しました。当時のテレビCMでもアピールしましたが、その場の様子を動画に撮ってメールで送るといった使い方を提案しています。携帯電話にカメラが搭載されるずっと前のことです。

もちろんそんなカメラは世の中にありませんでしたから、ビデオカメラ開発部門に協力してもらい、新規に高画質なカメラを開発。もちろん横長のディスプレイも特注品ですし、それを制御するためのチップも専用にカスタマイズしたものです。そのほか、多くの部品をVAIO C1用に専用開発しています。

VAIO C1は、開発初期にとりわけ高い目標を設定し、それぞれのエンジニアが「自分がなんとかするのだ」という挑戦心を持って取り組むことで実現できた製品です。そのものづくりへの情熱は今でも引き継がれています。

2003年 VAIO NOTE 505 EXTREME

マグネシウムの“次”=カーボンもVAIOから

VAIO NOTE 505 EXTREMEはVAIOの歴史の中でもとりわけ難航したモデルです。特に受注生産モデル「PCG-X505/SP」の天板および底面に採用されたカーボンファイバー積層板(UDカーボン)は良品率が極めて悪く、一時は本当に作れるのかを疑問視されたほどでした。しかし、初代VAIO NOTE 505が業界に広げたマグネシウム合金ボディの“次”に挑戦し、量産化に先鞭を付け、より薄型軽量なPCを世に送り出したいという強い想いから、開発パートナーと一丸になってこれを克服。UDカーボンは現在のVAIOの先進性を支える重要な素材、技術になっています。

本機が力を入れたのは外装素材だけではありません。当時「MDサイズ」と表現されたおよそ70mm四方のコンパクトな基板を実現するための実装技術や、熱を効率的に逃がす熱設計技術もVAIO NOTE 505 EXTREMEの開発を通じて大きく飛躍しました。無限パームレストやアイソレーションキーボードなど、使い勝手を高める工夫もこの製品から生まれています。

2006年 type U

スマートフォンを先取りした全部入りウルトラモバイル

2002年に発売された初代VAIO U以来、タブレット型などさまざまな挑戦を経てたどり着いたのが、このモバイルグリップ・スタイルでした。両手で握り込んだ状態で快適にタイピングできる最も小さなキーサイズから大きさが導き出され、その小さなボディに見やすい4.5型ディスプレイやBluetooth®、GPS、ワンセグなどさまざまな機能が詰め込まれています。また、それらを活用するため、パーソナルナビや動画・写真ビューアー、音楽プレイヤー、電子書籍リーダーなど、さまざまな提案型アプリを搭載。その後のスマートフォンで実現した多くの機能を先駆けて実現しています。また使い勝手を高める工夫としてキーボード周りに数々のカスタムボタンを追加。画面のズーミングなどもボタンひとつで行えるようにしました。

ターゲットとしたのは先進的なPCを愛するガジェットマニア。そういう方々に選んでいただけたことがVAIOのブランドイメージを大いに高めてくれました。

2009年 type P

キーボードにこだわり抜いたポケットスタイルPC

発表時、鉱石をイメージした豊富なカラーバリエーションと、ジーンズの後ポケットに本体を挿入する広告ビジュアルで話題になったtype P。すでに世の中には多くのコンパクトPCが存在しましたが、type Pでこだわったのは、手で握って持ち出せる形状、サイズであることでした。その上で我々はキーボードの使い心地を重視。当時、多くのコンパクトPCがキーボードサイズを犠牲にして小型化を実現していた中、あえてタイピングしやすさを追求しました。そのキーボードへのこだわりは今日のVAIOにもしっかりと受け継がれています。

また、小型・軽量化を実現するため、通常の基板にフィルム基板組み合わせスペース効率を高めたリジットフレキ基板など、最先端の技術を積極的に採用。当時登場したばかりの超低消費電力プロセッサー「インテル® Atom® プロセッサー」もパフォーマンスとスタミナの両立に貢献し、type Pを理想の形状で実現する一助となりました。

2010年 VAIO Z

2013年 VAIO Duo 13

2015年 VAIO Z

五感に訴えかける使い心地もフラッグシップのあかし

すでにVAIO Z=ハイパフォーマンスという評価が定まっていた中、そこにVAIOらしいクリエイティブな体験を加え、新たな価値を創出したモデルです。中でも目を惹くポイントが、一般的なノートPC形状からタブレットPC形状へ素早く、シームレスに切り換えられるマルチフリップ機構。この際、ただ複雑な変形機能を作り込むのではなく、気持ち良く、滑らかに動作させることにこだわりました。特にディスプレイのまるで高級車のドアのような閉じ心地は、開発陣が大いに力を入れた部分。そのほかにもキーボードの打鍵感やディスプレイの美しさ、スピーカー音質の向上など、感性的な面での満足度を高めることにも挑戦しており、後のVAIO全体の品位向上に大きな役割を果たしました。

もちろん、ヘビーモバイラーが求めるパフォーマンスも徹底的に追求。CPUのパフォーマンスを限界を超えて引き出す取り組みは、後のVAIO TruePerformance®へと繫がっていきます。

さらに詳しい開発ストーリーを読む

2015年 VAIO Z Canvas

開発の最後に「現場の声」を聞くことで完成したクリエイター向けタブレットPC

生産性の高いPCを必要とするクリエイターをデスクから解放する。それがVAIO Z Canvasに課したミッションでした。同時期に開発されたVAIO Zとの最大の違いは、ペン入力を中心に設計されたPCであること。片手で自由に角度が調整でき、ペン入力時にはしっかり本体を支えてくれる内蔵スタンドや、絶妙なコントロールで共振を防ぎ、静かに、強力に高性能CPUの発する熱を排出するトリプルファン、色にこだわり抜いた専用開発のディスプレイパネルなど、どうすればクリエイターの求める快適な作業環境を提供できるかをとことん考え抜いています。

なにより、プロトタイプ完成から発売まで、約8か月という長い時間をかけてチューニングを施したのは当時も今も考えられないぜいたくな取り組みでした。プロのイラストレーターや漫画家、映像作家に実際に使っていただき、そのフィードバックをもとに多くの点を改善し、文字通り満を持して送り出した製品です。

さらに詳しい製品レビューを読む

2015年 VAIO S11

2017年 VAIO S11

新生VAIOのものづくりを確立させたコンパクトモバイル

2014年にソニー株式会社から独立し、新たな道を歩み始めた新生VAIOの設計・開発スタイルの原点となったモデル、それがこのVAIO S11です。これまでのVAIOファンの皆さまに加え、ビジネスユーザーにも広く使っていただくために何が必要なのかをゼロから考えました。その回答のひとつが、キーボードやフラットアルミパームレストなど手に触れる部分の精緻な作り込み。わずかなきしみやたわみ、部品の毛羽立ちなどが生産性を損なわないよう、メイド・イン・ジャパンでのものづくりにさらに力を入れ始めたのがこの時期です。以降、VAIO本社工場は今も、全力で稼働し続けています。

また、スタンダードモバイルPCの開発において、11.6型ワイド(12.5型ワイド)モデルと13.3型ワイド(14.0型ワイド)モデルの内部設計を共通化したのもこの製品から。VAIOならではの高度な熱設計によって実現したVAIO TruePerformance®などにより、コンパクトモデルでも大画面ノートPCと同等の生産性を発揮できることを証明しました。

さらに詳しい開発ストーリーを読む

2018年 VAIO A12

2021年 VAIO Z

フラッグシップの“挑戦”から芽吹く次世代のVAIO

新生VAIOのこれからのラインアップを一段上の次元に押し上げるという使命を担い開発した新しいフラッグシップモデルがVAIO Zです。そうした数々の“挑戦”の中でも特に難しかったのが、それまで不可能とされていたボディ全面を覆う立体成型フルカーボンボディの実現。しかし我々はカーボン素材に長年取り組んできた知見と技術、そしてチームワークでこの難題を乗り越えました。

そのほか、高度な熱設計によるデスクトップ級の高性能プロセッサー搭載や、さらに快適さを極めた新設計キーボード、ユーザーを煩わせることなく強固なセキュリティーを実現するVAIO User Sensing®、コンパクトな新開発ACアダプターなど、このモデルで生まれたさまざまな機能、要素技術がこれからのVAIOを支えていくことになります。

さらに詳しい開発ストーリーを読む

2021年 VAIO SX14

VAIOの“これまで”、そしてVAIOの“これから”

VAIO SX14は新生VAIOのものづくり、その集大成として生み出された、新時代のスタンダードモバイル。デザイン、パフォーマンス、使い心地、すべてにこれまでの技術と知見を惜しげもなく盛り込みました。開発に携わったエンジニアはその開発に「奇策は必要なかった」と言います。

そしてその上で、ユーザーの声にしっかりと向き合うことで生まれた新機能、AIノイズキャンセリング機能を搭載。開発当初は計画していなかった機能でしたが、急激に進むリモートワーク普及を受け、一気呵成に開発、搭載しました。また、もう一つ新たな取り組みとしてタッチパネルを復活させました。この際、本体質量増を少しでも抑えるため、ベゼル内側に補強ガラスを貼り込む独自構造を採用。部品メーカーからは不可能だと言われたその構造を、VAIO本社工場で新たな製造手法を確立させ、自ら組み立てることで実現しました。

集大成でありながら、次なる一歩も垣間見せる。VAIO SX14にはVAIOの“これまで”と“これから”が詰まっています。

さらに詳しい開発ストーリーを読む

VAIO ID(メルマガ登録)

VAIO IDを作成いただくと、新製品の情報やお得なキャンペーン情報などのメールマガジンをお届け!
すでにVAIO製品をお持ちの方はもちろん、今はまだVAIO製品をお持ちでない方も無料で作成いただけます。

今すぐVAIO IDを作成する(無料)

Follow Us on Our SNS

sns_facebook_icon sns_twitter_icon sns_youtube_icon

sns_facebook_icon sns_twitter_icon sns_youtube_icon