すべてがデスクトップPC級のハイスピード

あらゆる作業を高速化するCPU、
大きなデータ処理も想定した高速大容量メモリー、そして用途に応じて選べるストレージ。
デスクトップPCの性能に迫る圧倒的なパフォーマンスが、作業効率を加速します。

ノートPCの常識を超えるハイパフォーマンス

第8世代インテル® Core™ プロセッサーHライン搭載

VAIO S15は、第8世代インテル® Core™ プロセッサー Hプロセッサーラインを搭載。ノートPCの多くで採用されている省電力優先のUプロセッサーライン Core i7と比較して、パフォーマンス優先のHプロセッサーライン Core i7では、CPU性能が2倍以上に向上*しています。また、Core i7は6コア/12スレッド駆動に進化。Adobe Photoshop Lightroomなど、マルチコアに最適化されているアプリケーションでは、より大きなパフォーマンスを発揮します。

* VAIO株式会社調べ。ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

その性能は、文字通りデスクトップPC級。動画編集や写真整理など、負荷の大きい作業はもちろん、ExcelやPowerPointでのビジネス文書作成など、ふだん使いでも大きな違いを感じられるでしょう。

* 最大パフォーマンスでご使用頂くには、「VAIOの設定」、「CPUとファン」設定にて、「パフォーマンス優先」に設定する必要があります。
デフォルト設定では、「標準」に設定されています。

一般的なノートPCとのパフォーマンス比較①(Core i7モデル)

CPU: MAXON Cinebench Version15.0.3.8でのベンチマークスコア

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

一般的なノートPCとのパフォーマンス比較②(Core i5モデル)
backup

パフォーマンス比較動画

一般的なノートPCとのパフォーマンス比較②

Adobe Photoshop Lightroom で100枚のRAW画像をJPEG出力変換した際の時間比較

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

実作業でのパフォーマンスを動画で比較
backup

一般的なノートPCとのパフォーマンス比較③

Cyberlink PowerDirectorで4K動画をフルHD動画にエンコードするのにかかった時間

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

Thunderbolt™ 3対応

高速なUSB 3.1(10Gbps)端子を遙かに上回る、40Gbpsという圧倒的な情報量をやりとりできる最新インターフェイスThunderbolt™ 3端子(USB Type-C™端子と共通)を搭載。デスクトップPC用グラフィックカードをノートPCでも使用可能にする外付けGPU BOXや、高精細ディスプレイへの複数画面同時出力、Thunderbolt™ 3接続対応のSSDによる超高速外付けストレージなど、ワンランク上の機能拡張が行えます。

大容量32GBメモリーを搭載可能

サイズの大きな画像や動画、ビジネス資料を多数展開し、アプリを切り替えながら並行作業する際に威力を発揮する大容量32GBメモリーを搭載可能。広帯域・低レイテンシーなDDR4メモリーを採用したことで、レスポンスも高速化しています。

高速×大容量、どちらにも妥協しないストレージ

ストレージの特性を引き出すデュアルドライブ構成対応

OSや、よく使うアプリケーションは高速なSSDに、動画や静止画データなどの格納には大容量のHDDにといった、ストレージの特性を良いところ取りできる、SSD + HDDのデュアルドライブ構成も可能です。

組みあわせ可能なストレージ一覧

HDD

高速!


Hybrid HDD(1TB)
HDD(1TB) HDD(500GB)
SSD

高速!


第三世代 ハイスピードSSD (1TB)

高速!


第三世代 ハイスピードSSD (512GB)

高速!


第三世代 ハイスピードSSD (256GB)
SATA SSD(256GB) SATA SSD(128GB)

SSDパフォーマンス比較

CrystalDiskMark5.2.1によるシーケンシャルリード/ライトのベンチマークスコア

シーケンシャルライト シーケンシャルリード

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

ストレージ速度比較

1000個のファイルをフォルダからフォルダへコピーしたときに掛かった時間(秒)

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

用途に合わせて多彩なストレージを選択可能

大容量なHDD、高速なSSDのほか、HDDにフラッシュメモリーを組み込むことで速度と容量を両立させた「1TB Hybrid HDD」を選択可能。
SSDは一般的なSATA SSDのほか、より高速な「第三世代 ハイスピードSSD」を選択できます。
高速なストレージの搭載は、ファイルコピーやアプリケーション起動など、日常的な作業の高速化につながります。

クリエイティビティを刺激する感性体験

きめ細かな4K解像度や広視野角が見やすい高品位15.6型ディスプレイ、
これまでにない映像体験を実現するUltra HD BD対応 ブルーレイディスクドライブ、
そして、VAIOが誇る“スマート”デザイン。
視覚、聴覚から触感まで、上質な感性体験が創作意欲をかき立てます。

さらに見やすく美しくなった大画面ディスプレイ

作業効率を大きく高める15.6型ディスプレイ搭載

VAIO S15は、一般的なモバイルノートPCよりも1〜2回り大きな、15.6型ディスプレイを搭載。テキストや表が格段に見やすくなるため、作業効率が上がり、しかも疲れにくいというメリットがあります。また、ディスプレイベゼルを従来モデルの半分以下にスリム化。画面周りがすっきりしたことで、動画や写真などのコンテンツにもより没入しやすくなりました。

4K

これまでの4倍の情報量を誇る「4K」ディスプレイを選択可能

VAIO S15では、よりきめ細やかな表示をお求めの方のために、4K解像度(3840×2160ドット)パネルを選択可能にしました(標準的な製品はフルHD解像度=1920×1080ドット表示)。高解像度ディスプレイは、写真や動画の表示・編集などといったクリエイティブな用途にも好適です。さらに、文字や図表が滑らかに表示されることによる視認性向上や、画面あたりの情報量の拡大というメリットもあります。

テキスト表示の比較*

4K

フルHD

写真表示の比較*

4K

フルHD

* 画像はイメージです。

作業領域の比較

なお、Windows 10は、高解像度ディスプレイに完全対応しているため、スタートメニューやアイコンなどを、ユーザーが使いやすい大きさに調整可能。表示が小さくなりすぎて、かえって操作性を損なうといったことがありません。

高輝度、広視野角、広色域、
そしてハイコントラスト

情報量の多いフルHD/4Kディスプレイは、明るく、上下、左右ともに170°の広視野角。動画や写真をくっきり美しく表示してくれるほか、資料作成などの作業効率も高めます。

映り込みの少ないアンチグレア液晶

外光の映り込みを低減するアンチグレア液晶の搭載によって、目の負担を大幅に軽減。長時間作業しても疲れにくくしています。

4K映画再生からデータ保管にまで使える高性能光学ドライブ

ブルーレイディスクドライブ(Ultra HD BD対応)を搭載可能

大容量データのバックアップや受け渡し時に便利な光学ドライブを搭載。最新規格Ultra HDブルーレイ(Ultra HD BD)の再生に対応*したBDドライブは、映画などの4K映像の再生が可能なほか、25GB以上の大容量データのバックアップも可能です(BDXL対応)。もちろん、DVDドライブを選択することもできます。

* 4K HDRでの再生を行うには、DisplayPort 1.3以降、4K対応、HDR/HDR10およびHDCP2.2対応ディスプレイを、USB Type-C™端子に接続する必要があります。

Ultra HDブルーレイとは

Ultra HDブルーレイとは、4K解像度の映像を収録可能な新世代の映像メディア。従来のブルーレイに収録されたハイビジョン映像と比較して、4倍の解像度の映像が楽しめます。また、映像のメリハリや色の鮮やかさでもブルーレイから大きくステップアップ。迫真の超高画質を実現した映像メディアです。

“聴く”のも“話す”のも良好なスピーカー&マイク

高品位スピーカー&マイクを搭載

スピーカーはユーザーの正面に配置。ステレオスピーカーなので、動画視聴も大迫力に楽しめます。話者の声だけに絞り込んだクリアな音質で通話ができるデュアルマイクとの組み合わせでビデオ会議(ビデオチャット)も快適です。なお、デュアルマイクは、話者の方向に強い指向性を持たせるビームフォーミング技術にも対応。ざわついた場所でもはっきりとした音声を相手に届けます。

見られることが喜びになる“スマート”デザイン

美しさも使い勝手も犠牲にしない

新しいVAIO S15はデザインを一新。モバイルノートで好評な、見た目の美しさと質感、実用性を高いレベルで両立・融合させた“スマート”デザインに生まれ変わりました。

  • ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がり、タイピングしやすい角度が付くチルトアップヒンジ構造を採用。

  • オーナメントの一直線にきらめく輝きがデザインのアクセントに。

  • キーボード周りからパームレストまでを凹凸のないアルミニウム製の一枚板で構成した、フラットアルミパームレスト。見た目だけではなく、手触りでも高級感を感じられます。ゴミや埃がたまりにくいうえ、剛性アップにも寄与しています。

prev next

安心&快適もオールインワン

いざという時に困らない拡張性、
いつでも新しいことを始められる懐の広さ、
そして、ふだん使いを快適にする考え抜かれた使い勝手。
それら全てがそろった、長く、心地よく使えるPCこそが、
VAIOの考える「オールインワン」です。

さまざまな機器と接続できる充実のインターフェイス

利用頻度の高いインターフェイスをフル装備

PC向けの接続ポートは次々と新しい規格が登場していますが、いまだVGA端子(アナログRGB出力端子)が会議室のプロジェクターへの接続に使われているなど、古い規格が必要なくなったわけではありません。

VAIO S15はそういった現実を踏まえた上で、新・旧規格のインターフェイスを共存。4K出力対応のHDMI端子、VGA端子(アナログRGB出力端子)、有線LAN端子のほか、最新のUSB Type-C™端子、左右に振り分けられた3つのフルサイズUSB端子、SDメモリーカードスロットなどを一通り搭載しています。

* 出荷時設定ではオフ。「VAIOの設定」で設定可能です。

トリプルディスプレイ出力に対応

VAIO S15は、HDMI端子*1/VGA端子(アナログRGB出力端子)*2と、USB Type-C™端子*3の同時出力が可能なため、内蔵ディスプレイを含めて3画面同時出力が可能です。

*1 最大出力解像度は4096×2160/24Hzまたは3840×2160/30Hzとなります。VGA端子(アナログRGB出力端子)との同時利用はできません。
*2 最大出力解像度は1920×1200となります。HDMI端子との同時利用はできません。
*3 最大出力解像度は4096×2160/30Hzまたは3840×2160/60Hzとなります。

トリプルディスプレイ

USB Type-C™端子を搭載

さまざまな周辺機器との接続を1本のケーブルで行える最新のマルチインターフェイス、USB Type-C™端子を搭載。将来的な拡張性も担保します。

利便性を犠牲にしない高度なセキュリティー

セキュリティーとユーザビリティを両立する指紋センサー

センサーに指先を置くだけで瞬時にログインできる、Windows Hello対応の指紋認証機能を搭載可能です。スリープ状態からの復帰にも対応*しています。面倒なパスワード入力を省略しつつ、安全性もしっかり確保できます。

* 出荷時設定ではオフ。「VAIOの設定」で設定可能です。

家族それぞれの指紋を登録しておけば、指紋認証のみのワンアクションで、それぞれのアカウントに自動ログインさせることもでき、PCを共有している場合に便利です。

企業導入を見据えた仕様要件をしっかりカバー

物理的に本体を固定するセキュリティーロックスロットを用意するほか、OSや他のハードウェアと独立して機能するセキュリティーチップ(TPM*1)を搭載可能。従来はHDDやSSDに保存していた暗号キーを独立して管理できるようにすることで、ビジネスの現場に必要な強固なセキュリティーを実現します*2

また、ネットワークを用いた休止状態/スタンバイ状態からの起動(Wake On Lan)や、ポート/スロットの無効化が可能なBIOSセットアップにも対応。企業がシステム管理上必要となる仕様・要件を押さえています。

*1 TPM:Trusted Platform Module。
*2 TPMは、データやハードウエアの完全な保護を保証するものではありません。

オールインワンに欠かせない、快適な操作感

オフィスユースに役立つテンキー付きキーボード

デスクトップPC向けキーボードと同じ、キーピッチ約19mmのフルサイズキーボードを搭載。テンキー*も用意されているので、表計算ソフトなどでの数値入力も快適に行えます。

* テンキーのキーピッチ約16mm

また、使用時にキーボード奥部が持ち上がるチルトアップヒンジ構造の採用によって手のひらや手首にかかる負担を大幅に軽減。快適なタイピングが行えます。

さらに、プリインストールされる「VAIOの設定」で、左右Ctrlキー、Fnキー、Caps Lockキーの入力をカスタマイズしたり、ファンクションキーによく使うアプリケーションの一発起動を登録したりといったことも可能。慣れや用途に応じて、作業効率を上げることができます。

キーボードカスタマイズの設定画面

<クリックして拡大できます。>

使いやすい2ボタンタッチパッド

ホームポジション中央に配置されたタッチパッドは意図しない左右ボタンの押し間違えを防ぐ、クリックボタン付き。耳障りなクリック音を抑えました。高精度タッチパッドはスマートフォンのようななめらかな動きを実現します。
もちろんWindows 10ジェスチャーにも対応。スクロールやズームイン/ズームアウト、ページ送り/戻り等の操作もタッチパッド上で快適に行えます。

代表的なWindows 10ジェスチャー

もちろんインターネットも快適に

みんなで使っても高速な
最新Wi-Fiテクノロジー対応

高速かつ、電子レンジなどに干渉されにくい5GHz帯かつ、高速データ通信が可能なWi-Fi最新規格「IEEE802.11ac」に対応。たくさんの人数でネットに繋いでいるときにも速度が落ちにくい「MU-MIMO」にも対応しています。

MU-MIMO非対応のオフィス

MU-MIMO非対応機器では順番にデータ送信するため、接続する端末が増えるに従いネットワーク速度が低下します。

MU-MIMO対応のオフィス

MU-MIMOは複数の端末に同時にデータ送信するため、端末の数が増えてもネットワーク速度があまり低下しません。

有線LAN端子も搭載

本体側面には有線LAN端子も配置。より高速で、安定したデータ通信を行うことができます。

VAIOならではの安心感

VAIOのものづくり、日本のものづくり。

設計から製造、サポートまでの機能を自社で持つ日本のメーカー、VAIO。長野県安曇野市にある本社に全チームが集まり、ものづくりに取り組んでいます。
創る人と、造る人と、サポートする人と。
そこから生まれる大胆かつ繊細で有機的な掛け算が、付加価値につながると信じ、日本のユーザーのために、日本の技術と日本人の美意識を生かした、こだわりのつくりこみを行っています。

安曇野FINISHで1台1台しっかりチェックします

すべてのVAIOは、長野県・安曇野のVAIO本社で、専任の技術者が約50項目にもおよぶ品質チェックを行ってから出荷します。私たちはその総仕上げを「安曇野FINISH」と名付けました。私たちが製品の品質に、自分たちで責任を持つために施す最終工程です。

intel プロセッサー・ファミリー

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。

他のVAIOをチェック

TOPへ