VAIO 5th Anniversary

日本の技がつくる、唯一無二。

数量限定

  • VAIO SX12 | 勝色特別仕様
  • VAIO SX14 | 勝色特別仕様

光を受けて表情が生まれる
勝色カーボン天板

VAIO SX12・VAIO SX14で、軽さと強靱さを両立させるために採用したUDカーボン天板。VAIO SX12・VAIO SX14 | 勝色特別仕様では特別に調合した勝色透明塗料を使うことで、UDカーボン素材自身が持つ独特の繊維目を活かした仕上げに。漆器を思わせる艶やかな仕上げの奥に光を受けて浮かび上がる、この素材ならではの深い表情と、そのうつろいをお楽しみください。

勝色カーボン模式図

UDカーボンは、単一方向に並べられた繊維の層を、角度を変えて重ね合わせることで剛性を向上させています。繊維を交互に編み込むクロスカーボン(写真左)とは異なるテクスチャーを持ち、ねじれなど、必要な方向の力に高い剛性を発揮する事ができます。

勝色特別仕様では、塗装の上に光沢UVコーティングを行うことで、高級感のある艶感を出しながら、傷の付きにくい仕上げを施しました。

二つとない勝色
藍で染めたアルミパームレスト

キーボード面を凹凸のない一枚板で構成するフラットアルミパームレストを、自然藍を含んだ染料を用いてアルマイト染色。自然藍由来の多様な色素と、アルミ表面のヘアラインが合わさり、一様ではない、偶然が生み出す、深い趣を与えています。

アルマイトイメージ図

アルマイト染色は、金属表面の無数の極微細孔に染料を染みこませることで加飾する技術。染料と染時間によりその色が決まる、まさに現代における金属の染めともいえます。塗装のように剥げることがないのも特長です。

染色に使われる自然藍は、長年に渡って藍染め文化を育み、その技術の発展を先導してきた徳島県産の「阿波藍」。これを大分県佐伯市の精密板金加工メーカー・長尾製作所が編み出した独自の手法によって染色しています。自然の色素と職人の技により染められるこのパーツは、一点一点が異なる色合いを持ち、まさに唯一無二の存在となります。

開発者が語る「勝色特別仕様を実現したクラフトマンシップ」

勝色を際立たせる
雅やかな輝き

勝色は古来、縁起色として武具などの装飾に用いられてきました。現代のビジネスパーソンの道具であるVAIO SX12・VAIO SX14 | 勝色特別仕様では、これにあやかり、勝色に染め上げられたボディに、黄金色(こがねいろ)のロゴプレートとオーナメントをあしらいました。上品で雅やかなきらめきが、深みのある藍の美しさをより一層際立たせます。

開発者が語る「勝色特別仕様を実現したクラフトマンシップ」

パッケージや付属品も勝色仕様に

勝色に染め上げた専用化粧箱でお届け。ボックス天面には箔押しによるVAIOロゴを配置しています。

付属のクリーニングクロスは、VAIO SX12・VAIO SX14 | 勝色特別仕様のクリーニングに最適な素材を探した結果、先端テクノロジーを駆使した日本製素材、東レ「ウルトラスエード」に行き着きました。これを専用色に染め上げて同梱します。

VAIO SX12・VAIO SX14 | 勝色特別仕様のための
専用レザーケースもご用意しました

VAIO SX12・VAIO SX14 | 勝色特別仕様
専用ケースについてもっと詳しく知る

製品の基本性能に関する詳細は
ベースモデルの特長ページをご確認ください。

VAIO SX12 | 勝色特別仕様を購入する

VAIO SX14 | 勝色特別仕様を購入する

intel プロセッサー・ファミリー

インテル® Core™ プロセッサー・ファミリー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。