VAIO

VAIO Z

モンスターPC

13.3型ワイド (2015年モデル)

生産完了品

> 2016年モデルはこちら

VAIO Z

圧倒的な
レスポンス。

人間の発想を、1秒も止めたくない。
人間の決断を、1秒でも速くしたい。
人間の努力を、1秒も無駄にしたくない。
VAIOは、1秒でも速く人間に応えることこそ、
究極の道具」だと考えます。
効率が求められる日々の作業から、
絶対に失敗が許されない大切な仕事まで。
モバイルPCの域を遥かに超える、
モンスター級の働きを実感してください。

VAIO Z
TDP* 28Wの第5世代インテル® Core™ プロセッサー搭載

モバイルノートPCには非常識と言っていいほどの、TDP28Wの高性能プロセッサーを搭載。高速レスポンスが、ビジネスでも、プライベートでも、ストレスのない手応えを約束します。

* TDP(サーマル・デザイン・パワー) とは、熱設計電力のこと。設計上で想定されるプロセッサーの最大放熱量であり、高性能になるほど値が大きくなります。

  • Core i7
  • Core i5

CPU パフォーマンス比較

Core i7 (28W)
1.24
Core i5 (28W)
1.12
Core i7 (15W)*
1.0

*一般的なモバイルノートPCで使用されるCPU

(VAIO株式会社調べ)

高性能Iris™ グラフィックス内蔵

専用グラフィックスプロセッサーに匹敵する性能を発揮する、インテル® Iris™ グラフィックスを内蔵。重い動画編集など、高負荷がかかるシーンでも、驚くほど快適に作業をこなせます。

  • Iris™

グラフィックスパフォーマンス(OpenGL)比較

Iris™グラフィックス (Core i7)
1.32
Iris™グラフィックス (Core i5)
1.26
HD グラフィックス (Core i7)*
1.0

*一般的なモバイルノートPCで使用されるグラフィクス

(VAIO株式会社調べ)

cTDP機能によるオーバードライブ

パフォーマンスモードでは、Configurable TDP機能を作動させ、定格TDP28Wのプロセッサーを、通常電圧CPU並の35Wまで設定を引き上げて駆動(キーボードモード)。
サイレントモードを選択すれば、CPUの出力を制御し、ファンの騒音を抑えることも可能です。

キーボードモード タブレットモード
クラムシェル時 タブレット時
パフォーマンスモード: 35W パフォーマンスモード: 28W
サイレントモード  : 15W サイレントモード  : 10W
高い静粛性を実現するアシンメトリーブレードデュアルファン

この筐体サイズで、TDP35Wに対応するために、冷却ファンもヒートパイプもVAIO Z専用に新たに開発。アシンメトリーブレードと名付けた2基のファンは、左右の羽根の枚数を異なる素数にすることで、動作ノイズを抑えました。また、膝に乗せたときにボトムが熱くならない、キーボードの表面が熱くならないなど、集中を妨げる不快な熱も抑えました。VAIOの独自開発だからこそ実現できた静かで熱くならない設計です。

高い静粛性を実現するアシンメトリーデュアルファン
3倍速SSD搭載

HDDよりも遙かに高速なSSD。VAIOは、その上を行く速さを求めました。VAIO Zは一般的なモバイルノートPCに搭載されるSATA型SSDよりも、さらに高速なPCleインターフェイスを採用した、第二世代High speed SSDを搭載。アプリケーションの起動や、ファイルアクセスなど、すべての瞬間で、次元の違う速さを実現しました。

データ転送速度

第二世代 High speed SSD
3.3
第一世代 High speed SSD*
2.3

*VAIO Pro 13で搭載

SATA型SSD**
1.0

**一般的なモバイルノートPCで使用される

HDD 7200rpm
0.2

(VAIO株式会社調べ)

0.3秒の高速起動

InstantGoテクノロジーを採用したVAIO Zは、スタンバイ復帰を瞬時に行うことができます。スタンバイ状態でもネットワーク接続を維持することで、メールの受信などを行うことができ、次に起動した瞬間から最新のデータにアクセスできます。また、スタンバイ状態でのバッテリー消費を極限まで抑えているため、バッテリー低下を気にする必要はありません。

大容量メモリー選択が可能

動画などの大容量データの取扱いや、編集作業のようなクリエイティブな領域でのレスポンスに大きく影響するメモリー容量。VAIO Zでは最大約16GBの選択が可能です。

大容量メモリー選択が可能

15時間。
この1台で1日中、
どこでも 
完璧な仕事ができる。

バッテリーライフだけを追求すれば、
PCは重くなる。
モビリティだけを追求すれば、
小さすぎて使いにくくなる。
軽さだけを追求すれば、
質感や剛性まで犠牲になる。
VAIO Zは、何も妥協しません。
追求したのは、この1台だけ持ち出せば、
まる1日、100%満足のいく仕事ができてしまうPC。
電源のことを忘れさせる長時間バッテリーと、
信頼できる道具としてのつくりの良さ。
そして、緻密に設計されたパワーとモビリティが、
あなたの毎日に
新しい習慣と可能性をもたらします。

VAIO Z
まる1日分のバッテリーライフ
15
時間
*JEITA2.0測定条件

ビジネスパーソンが、ACアダプターを持たずに外出し、電池残量を気にせずに1日過ごせる。そのために、VAIO史上最長の15時間を実現しました。

※JEITA測定法 2.0の場合、15.2〜15.5時間(搭載条件による)

すべてが詰め込まれた薄さと軽さ

モンスター級のハイパフォーマンス。Lバッテリー並みの長時間バッテリーライフ。
PCに必要なすべてを薄さ16.8mm、1.34kgのボディに凝縮しました。これは、一般的なUltrabook™を凌駕するレベルです。

28W-15H 1.34kg
28W-15H 1.34kg
小型ACアダプター
小型ACアダプター

ハイパフォーマンスPCのACアダプターは、どうしても大きくなってしまうもの。
VAIO Zは、ハイブリッドパワーブーストテクノロジーにより、最大出力時にはバッテリーからも瞬間的に電源を供給します。
この技術により、ACアダプターのサイズを、一般的なモバイルPCと同等のコンパクトサイズに収めることができました。

本体外形寸法 約 104.5 x 26.5 x 39 mm (突起部含まず)
本体質量 約180g(電源コード約45gを除く)

使い込んでこそわかる、つくりの良さ

いちばんこだわったのは、人が触れている時間がいちばん長い部分です。
パームレストと天板には、高級感のあるアルミニウムを採用。
表面に繊細な凹凸を生み出す特殊な研磨工程・ブラスト加工をすることで、落ち着いた金属の表情を持ち、しっとりと手になじみます。また、アルマイト処理が施された質感の良いブラックとシルバーのボディは、耐久性を併せ持ち、塗装がはがれる心配もなく安心です。

高剛性ボディ

アルミ×UDカーボンのサンドイッチ構造を採用したボディが、操作するときの安定感と、持ち上げたときの安心感をもたらします。
計算し尽くされたVAIO独自の構造には、長年に渡る使用に耐え得る強さがあります。

高剛性ボディ
キーボードの打鍵感と音質

周りに気を遣うシーンで、意外と気になる打鍵音。
高級車ブランドがエンジン音にこだわるように、VAIOは心地よい打鍵音にこだわりました。人間にとって耳障りな音域は、2KHz以上の帯域。それを避けるために、キートップを支える部品一つひとつの加工精度を高め、極限まで可動のブレを無くすことで、耳障りなノイズの低減に成功しました。
また、押し始めから押し切るまでの荷重カーブを、日本人の嗜好特性に合わせて作り込み、モバイルPCの限られたストロークでも、最高の打鍵感を実現しました。

キーボード打鍵音比較

キーボード打鍵音比較
フィーリングを追求したタッチパッド

タッチパッドは、マウスを忘れた時の代替手段。
そんな甘えは一切ありません。
VAIO Zのタッチパッドを支える素材は、石。
広いパッドのどこをクリックしても最高のクリック感を得られるよう、たわみのない硬い表面素材を探し求めた結果、1mm厚の雲母片岩(マイカ)にたどり着きました。イライラさせられずに、確実に反応してくれるクリックフィーリングの秘密は、石にあります。

タッチパッド
デスクトップモニター品質のモバイルディスプレイ
デスクトップモニター品質のモバイルディスプレイ

ビジネスやクリエイティブの現場で扱う様々なビジュアルコンテンツの細かなディテールの確認も、VAIO Zのディスプレイで充分です。
ゼロから開発した2,560×1,440ドットのフルHDを超える高精細なIPS液晶が、文字も画像もくっきりと表示。また、太陽光により近い高演色LEDバックライトを採用することで、sRGB色域を100%カバーする鮮やかな色表現を実現させました。このディスプレイなら、もうデスクに戻ってモニターで確認する必要はありません。

液晶バックライトには、LEDの蛍光体を見直した、高演色LEDバックライトを採用。モバイルPCに欠かせない省電力と、従来よりも赤の波長を強く持つ演色性の高い白色発光を元に、力強い赤の表現を可能にしました。

液晶バックライト

LEDバックライトのカラースペクトラム比較

LEDバックライトのカラースペクトラム比較
繋がってほしいときに、高速に繋がる

携帯電話に使われるLDS方式のアンテナを採用し、アンテナモジュールを従来よりも小さく設計。
シャーシ内の最適な位置への配置が可能になったことで、最大限の感度を実現しました。

※一般的な木造2階建ての1階にアクセスポイントを設置し、2階での使用を想定したWi-Fiデータ受信速度データ。(VAIO株式会社測定による)

Wi-Fiデータ受信速度

11n5GHz

VAIO Z
26.7Mbps
A社
3.2Mbps
B社
0.0Mbps

11n2.4GHz

VAIO Z
31.3Mbps
A社
7.5Mbps
B社
6.4Mbps

無限のホワイトボード
でもあり、
最強のプレゼンツール
でもある。

人の可能性を信じる。
だからVAIOは提案をやめません。
それは、ビジネスの現場で、
あなたのコミュニケーション能力や
説得力を最大限にまで高め、
人の心を動かすための挑戦。
私たちが厳選した機能を使って、
新しいワークスタイルを見つけてください。

VAIO Z
マルチフリップ機構

VAIO Zは、クラムシェル型のモバイルノートPCとしての使い勝手をまったく損なわず、タブレットPCとしても使えるマルチフリップ機構を採用。
一見、普通のノートPCと変わらないシンプルな天面が、中央の一本のラインを軸にスムーズな軌道を描き反転します。この機構は独自に開発したラバーヒンジを使ったからこそつくれたものです。ラバーヒンジには、グライダーなどの軽量化が必要な道具にも使われる、ソフトさと耐久性も兼ね備えた素材を厳選しています。

デジタルノート

アイデアを書き留める。図を描く。考えをまとめる。
手書きには、キーボード入力にはない、独特の良さがあります。
VAIO ZのデジタイザースタイラスとOneNoteを合わせて使えば、従来のテキストメモと手書きノートをシームレスに管理することができます。
そして、そのデータはすべてのOfficeアプリケーションから再利用でき、クラウドを通してあらゆるデバイスから参照が可能です。

OneNoteアプリは日本マイクロソフト社のWebサイトから無料でダウンロードできます。 http://www.onenote.com

フリップ機構
+221dpi高精細液晶パネル
+ダイレクトボンディング
+筆圧感知デジタイザースタイラス
+OneNote
=紙のようなデジタルノート

紙に迫る描画感覚

ペン先の触れた位置と、実際に線が描画される位置を正確に一致させるために、液晶パネルとカバーガラスの間に特殊な光学樹脂を充填。
そして、人間の目の識別限界を超える221dpiの高精細液晶パネルが、線の太さだけでなく、線の持つ微妙な表情まで滑らかに表現します。
また、キズや曲げに強い強化ガラスを採用しているため、ガラス面でもしっかりと筆圧をかけて書くことができます。

ダイレクトボンディングタイプ

ダイレクトボンディングタイプ

エアボンディングタイプ

エアボンディングタイプ

書き味をカスタマイズ

文具店で試し書きをしながらペンを選ぶように、付属のデジタイザースタイラス(ペン)も、硬い鉛筆のような書き味から、柔らかいマーカーペンのような書き味まで、自分好みにカスタマイズできます。
また、硬さの違う2種類のペン先を同梱。好みに合わせて付けかえることで、フィーリングのバリエーションが広がります。

書き味をカスタマイズ

新規開発の筆圧カーブ調整機能

思いついたら、すぐ書ける

アイデアをサッと書き留めたい時に、難しい操作はしたくありません。
ペンのボタンからすぐに、ノートやクリッピングツールを起動することができます。

上部ボタン
1. ペンをディスプレイに近づけた状態で上部ボタンを押すと「OneNote」が起動。
2. ロック画面でも同じ操作で直接「OneNote」のノート作成画面を起動できます。
下部ボタン
下部ボタンを押すと「VAIO Clipping Tool」が立ち上がり、画面上に表示されている情報を簡単に切り取ることができます。
書き味をカスタマイズ
プロ仕様の描き心地

VAIO Zのペンは、VAIOがプロの漫画家やイラストレーターと一緒に開発を進めている、VAIO Z Canvasと同じ性能。
セルシス社の「CLIP STUDIO PAINT」やAdobe社の「Creative Cloud」での筆圧入力にも対応しており、クリエイティブなペンワークをしっかりサポートします。

CLIP STUDIO PAINT PRO
ドキュメントスキャナ機能搭載

ホワイトボードや紙の資料を、背面に搭載した高解像度CMOSセンサーで直接スキャンすれば、すぐに編集したり、共有したりすることができます。
標準搭載するスキャンアプリケーションCamScannerを使えば、ドキュメントの輪郭を自動抽出し、キレイに補正してデジタル化することができます。また文字認識にも対応しているため、名刺などのデータ化をサポートします。

フリップ機構
+8M⾼画素CMOSセンサー
+CamScanner
=ドキュメントスキャナ

ドキュメントスキャナ機能
プレゼンモニター

アイデアをすぐに見せたいとき、思い通りの色や音で見せたいとき、VAIO Zがそのままプレゼンモニターになります。画面を相手側に返した瞬間に、画面表示が反転し、同時にスピーカーのLRも反転します。
驚くほど美しいモニターと音声が、クライアントとの距離を縮めてくれるかもしれません。

フリップ機構
+高輝度・広視野角液晶パネル
+ホールセンサー(フリップ検出センサー)
+プレゼン対応スピーカー
=プレゼンモニター

プレゼンモニター
100人規模のプレゼンに対応するスピーカー

音声付きの動画でプレゼンする機会も増えている今、VAIO Zは外付けスピーカーなしでも問題なく使えるように設計されています。
シャーシ内のわずかな隙間も活用して、特別なスピーカーをゼロから開発。その結果、大きな会議室にも耐えうる音圧レベルを実現しました。
この変わった形状は、VAIOの技術者の努力の証です。

100人規模のプレゼンに対応するスピーカー

Windows 10の新機能に対応

Continuum(コンティニュアム)

フリップの変形によって、タッチ操作に合った画面と、キーボードやマウスによる操作に合った画面を自動で切り替えます。

Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)

Webサイトが、美しくスムーズに、高速に表示できる新しいブラウザー。VAIO Z付属の高精度デジタイザースタイラスを使えば、Webページ上にメモなどを書き込んだり、蛍光ペンのように強調して、簡単に共有することができます。

3タイプから選択できるようになったキーボード

たくさんのユーザーのみなさまからのご要望にお応えし、キーボード配列が3タイプから選択できるようになりました。

  • 日本語配列バックライトキーボード
  • 日本語配列(かな文字なし)バックライトキーボード
  • 英字配列バックライトキーボード

新たに追加された「日本語配列(かな文字なし)」「英字配列」は、6月8日よりソニーストアにて受注を開始いたします。
また、すでにVAIO Zをご購入のお客さまには、6月10日より
「キーボード交換サービスをご利用いただけます。
交換費用:期間限定キャンペーン価格 ¥9,500(税別)
※期間:2015年6月10日〜2015年12月15日、通常価格 ¥26,000
※作業技術料、梱包費用および往復の送料も含みます。

日本語配列(かな文字なし)キーボード

日本語配列かな文字なしキーボード

使い慣れた「日本語配列」はそのままに、かな表記をなくしたすっきりとした見た目。ローマ字入力しか行わない方に最適です。

英字配列キーボード

英字配列キーボード

プログラマーなどのプロフェッショナルに好まれる配列。
もちろんキートップにかな表記はなく、スマートな外観です。

安曇野

日本・安曇野で、設計・製造。

一般的には、大量生産された標準部品を組み合わせてつくるPCが大半を占める中、私たちはVAIO Zの多くの部品を自社で設計しています。また、専用部品は、優れた技術を持つ国内の部品メーカーと共同開発を行い、細部まで高い品質を追求しています。安曇野工場で設計・製造し、出荷前には専任の技術者が1台ずつ仕上げを行うことで品質チェックを徹底すること。それは、まさにMADE IN JAPANのものづくり。日本の技術を、1台のPCに結集させることができたからこそ、VAIO Zは生まれたのです。

VAIO × BEAMS

  •  3月13日12:00よりソニーストアにて受注を開始しましたが、
    ご好評につき完売いたしました。
  •  右記ビームス4店舗による参考展示*は終了いたしました。

*ビームス店舗以外での展示はございません。

ビームスジャパン
東京都新宿区新宿3-32-6 1F
ビームスタイム
東京都渋谷区神南1-14-7 2F
ビームス横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-2 クイーンズイースト1F
ビームスウエスト
兵庫県神戸市中央区御幸通7-1-15 1F

VAIO Z | BEAMS特別仕様

VAIO Zのブラックベースに、BEAMS仕様にカスタマイズされた特別なモデルです。

  • タッチパッドの色が、BEAMSカラーオレンジ色に。
  • キーボード面の右上部に、BEAMSロゴを刻印。
VAIO Z 「BEAMSモデル」
第4世代インテル® Core™ i7 プロセッサー

インテル® Core™ i7プロセッサー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。