VAIO

VAIO S11 × LTE LTE内蔵でどこでも"最適"インターネット

そもそも「LTE」っていったい何なの?

最近、テレビのCMなどで耳にするようになった「LTE(エル・ティー・イー)」という言葉。
なんとなくインターネットに関係あるみたいだけど詳しいことはよく分からない。そう思っている人も少なくなさそうです。

結論を最初に言ってしまうと、LTEとは無線でインターネットに接続するための最新技術のこと。
無線でインターネットというと「Wi-Fi(ワイファイ)」こと無線LANが有名ですが、
Wi-Fiは家の中やオフィスで使うためのもの、LTEは電波が届くところなら日本中どこでも使えるという点が異なっています
(ただし、接続速度はWi-Fiの方がかなり速いため、両者を使い分けるのが一般的)。

実はここ数年に発売されたスマートフォンはほぼ全てLTE対応。
スマホがどこでも快適にインターネットへ接続できるのはこのLTEを使っているからなのです。
また、ビジネスパーソンが持ち歩くモバイルノートPCでも、このLTEを使ったインターネット接続が当たり前の時代がやってきます。

Wi-Fi

LTE

方式 Wi-Fi LTE
使える場所 家やオフィスなど限られた場所(主に建物の中)。
カフェなどで提供されていることもあります。
屋外・屋内を問わず、携帯電話の電波が届く場所なら
日本全国のほとんどの場所で使えます。
速度(理論値) 〜数百Mbps 〜150Mbps程度
料金(月額) 要インターネット固定回線
(一般家庭の場合は総額3000〜8000円前後)
LTE通信料月額900〜6000円程度

※VAIO株式会社調べ。 表の情報は一般的なもので、この条件での接続を保証するものではありません。

LTEの始めかた LTEのある生活 VAIOがLTE内蔵に 対応機種

LTEはどうすれば使えるの?

LTEをモバイルノートPCで使うには、いくつかの方法があります。まず少し前まで一般的だったのが、「Wi-Fiルーター」と呼ばれるLTE対応の小型装置を使う方法。PCとワイヤレス接続したWi-Fiルーター経由でインターネットにアクセスするというもの。最近流行っているスマートフォンの「テザリング」機能もやっていることはこれと同じです(Wi-Fiルーターがスマートフォンに置き換わっただけ)。

これらに共通する弱点は、どちらも使い始める際に、PCとWi-Fiルーター(あるいはスマートフォン)を接続するなどといった手間のかかること。せいぜい数分で終わるのですが、急いでいる時はこの手間が意外に馬鹿になりません。スマートフォンのように、オンにしたらすぐにネットにつながる機器に慣れてしまっている人はなおさらです。

そんな中、今、注目を集め始めているのが、「LTE内蔵PC」。PC自体にLTEを内蔵しているので、スマートフォンと全く同感覚、同じスピード感でインターネットに接続できるようになります。

別途月額料金が発生してしまうのですが(いわゆる「SIMフリー」対応モデルなら利用スタイルに合わせたリーズナブルなプランを選択可能)この便利さは革命的。本気でモバイルしたいのなら、断然「LTE内蔵PC」がおすすめです。

LTE内蔵PC テザリング Wi-Fiルーター
モビリティー
PC以外なにもいらず

スマホがあればOK
×
持ち物が増える
バッテリー
PCの大容量バッテリーを使用
×
スマホの電池が減る
×
毎回充電必要
接続の手間
自動で接続
×
毎回接続が必要
×
毎回接続が必要
接続品質
高性能アンテナ搭載
回線契約 ×
別途契約必要

スマホの契約でOK
×
別途契約必要
複数機器接続
接続共有可能
LTEの始めかた LTEのある生活 VAIOがLTE内蔵に 対応機種

LTE内蔵PCでモバイルライフが快適に!!

いつでもどこでも仕事をしたい"パワフル"ワーカーの場合

仕事の創造性を阻害する細かな手間を、LTE内蔵PCでスマートに省略。ビジネスパーソンとしてのフットワークを高めます。

LTEなし

LTEあり

通信機能が一体化されているLTE搭載PCなら狭い新幹線のテーブルなどでもスマートに仕事をこなすことができます。

働く場所にとらわれない"ノマド"なビジネスパーソンの場合

せっかくモバイルノートPCで仕事をするのに、働く場所が固定されてしまうのはナンセンス。
LTE内蔵PCならどこでも好きな場所を選べます。

LTEなし

LTEあり

混み合ったカフェを飛び出して、自分が一番仕事をしたい場所で使えるのがLTE搭載PCの良いところです。

"賢く節約"したい学生&新社会人の場合

たくさんの動画を観たりしないのであれば、自宅でのインターネット接続もLTEで充分。
格安スマホと組みあわせた通信プランを選択すれば、さらにリーズナブルに節約することができます。

LTEなし

LTEあり

ほとんど使っていない家のネット回線に毎月数千円も支払うなら、好きな場所で使えるLTE搭載PCの方がおトク!

LTEの始めかた LTEのある生活 VAIOがLTE内蔵に 対応機種

VAIOからLTE内蔵モデルが登場!

新発売のVAIO S11は、VAIO初のSIMフリーLTE内蔵PC。その最大の特長は、国内LTE事情に合わせて"最適化"されていること。世界各国の事情に合わせて作られた最大公約数的な製品とは通信速度が異なります。

また、それに合わせてPC向けの使いやすい料金プランもVAIOオリジナルで新開発。メールチェックなどに充分な最大通信速度200kbpsのデータ通信を常時接続・使い放題で提供しつつ、いざと言う時は高速通信モードで最大通信速度150Mbpsのハイスピード通信が使用可能に。高速通信モードは契約期間中、いつでも好きな時に使えるので使い方が一定しない方でも無駄がありません。基本通信モードと高速通信モードをボタン一つで切り替えるユーティリティも用意しました。料金も年単位の一括払いなので、PCアクセサリ感覚で気軽に購入でき、解約などの手間もありません。
(VAIO Phone Bizでご利用の場合、LTEエリアでのみアンテナピクト(電波受信状態を表示するアイコン)が表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。 )

microSIMカードスロットを搭載

高速通信モード切替&残量確認ユーティリティ

VAIOオリジナル SIMユーティリティは、VAIOオリジナル LTEデータ通信SIMをWindows PCでお使いいただく場合に使用できるユーティリティです。

VAIOオリジナル SIM料金表(VAIOストア限定商品)

プラン名 利用期間*1 基本通信モード
(最大通信速度200kbps)
高速通信モード
(最大通信速度225Mbps)*2
単品購入価格
手間なし1年間プラン 1年間 使い放題 32GB分付属 14,200円
(税込 15,336円)
手間なし2年間プラン 2年間 使い放題 64GB分付属 23,200円
(税込 25,056円)
手間なし3年間プラン 3年間 使い放題 128GB分付属 33,200円
(税込 35,856円)

*1:購入月を0か月とする *2:詳細は仕様をご確認ください。

VAIOオリジナル LTEデータ通信SIMについての詳細はこちら

※通信速度は、受信時の技術規格上の最大値であり、実際の通信速度を示すものではありません。実際の通信速度はご利用になる使用エリア、通信環境に依存します

LTEの始めかた LTEのある生活 VAIOがLTE内蔵に 対応機種

対応機種

VAIO S11

ビジネス全方位コンパクト

11.6型ワイド

詳しい説明はこちら

VAIO S11を購入するソニーストアオンライン

個人のお客さま パーソナルコンピューターVAIO
法人のお客さま VAIO Business

VAIOオリジナルSIM搭載モデルは12月18日にこのサイトにオープンする
VAIOストアのみでの販売となります。

※“ビジネス全方位”とはビジネスシーンでの要望に幅広く応える機能・規格を特化させた意のVAIO(株)の造語です。

Core™ i7 プロセッサー

インテル® Core™ i7プロセッサー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。