VAIO

VAIO S13

ビジネス ストレスフリー

13.3型ワイド

【販売終了品】
Windows 8.1 Pro Update搭載製品

VAIO S13
「快」が仕事の生産性を高める。

日々の小さな
ストレスからの解放。
それこそが
スタンダードの使命。

VAIO S13が目指したものはビジネスモバイルの新時代スタンダード。
性能、堅牢性、心地よさ、拡張性の、
最適バランスがビジネス作業に「快」をもたらす。

何かに特化することで、何かを犠牲にしてしまう、
そんなモバイルは使用中のどこかでストレスを生み出す。
最適バランスによるストレスフリーこそが、ビジネスを成功に導く。
誰もが使う普及型モデルにこそ、その発想が必要と考えた。

仕事の質を高めるストレスフリーな高レスポンス

第6世代インテル® Core™ プロセッサー Uプロセッサーラインを搭載。従来モデル(VAIO Pro 13 | mk2)の第5世代インテル® Core™ Uプロセッサーラインと比べて、Core i7プロセッサー比で、CPU性能で約19%、GFX性能では約31%高速化*1しました。

※「従来機種とのパフォーマンス比較①」参照

また、SSDもより高速な第二世代 High Speed SSD (PCIe Gen.3)を選択可能となり、 スタンダードなSATA SSD比で、約3.9倍の高速化を実現。アプリケーションの起動や、データコピーなどがよりスピーディーになります。

※「SSDパフォーマンス比較①②」参照

さらに、大容量の画像や動画、ビジネス資料を多数展開しながら作業する方のために、大容量16GBメモリーも搭載可能となりました。

*1 VAIO株式会社調べ。ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

従来機種とのパフォーマンス比較①

CINEBENCH R15:CPU/3DMark11:グラフィックス

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

SSDパフォーマンス比較①

Read/Writeスピード比較

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

SSDパフォーマンス比較②

1000個のファイルをフォルダからフォルダへコピーしたときに掛かった時間(秒)

VAIO株式会社調べ。
ご使用の環境により結果が異なる場合があります。

フットワークを損なわない、その薄さと軽さ

最薄部約 13.2mm、重量約 1.06kgのスリム&ライトボディ*だからストレスなく持ち歩くことができます。

* ノンタッチモデルの場合。タッチモデルの場合、最薄部 約14.3mm、重量 約1.19kgとなります。

厚さ約13.2mm
スリムボディになんでも繋げる充実の拡張性を凝縮

軽量、薄型ボディに4K出力対応のHDMI端子*1、VGA端子(アナログRGB出力端子)、LAN端子、USB 3.0端子×3を内蔵。外付けアダプターなしで、どんな環境にも対応します。また、HDMI/アナログRGB同時出力が可能だから、内蔵ディスプレイを含めて、3画面同時出力が可能です。

*1 最大出力解像度は4096×2160/24Hzまたは3840×2160/30Hzとなります。

長時間の外出も安心なスタミナ内蔵バッテリー

約9.8~10.5時間(JEITA測定法 2.0*1)のスタミナ。さらに急速充電に対応し、1時間で約80%充電が可能です。これだけのスタミナがあれば、長時間の外出や打合せも安心です。
宿泊出張時や旅行の時など、ACアダプターの携帯が必要な場合でも、コンパクトなので、持ち歩きのストレスがありません。また、USB端子が付いているため、PCを経由せずにスマートフォンの充電が可能です。

*1 Windows 10モデルの場合。
駆動時間は使用状況および設定等により変動します。

ACアダプター
ビジネスモバイルだからこそ美しいディスプレイを

屋外でも見やすい、高輝度のフルHD液晶を搭載。IPS方式の採用により、あらゆる角度から見やすい広い視野角を確保。微妙な色のニュアンスや質感までも鮮やかに映し出します。写真やムービーの表現力を引き出すのはもちろん、仕事の効率も上げてくれます。

集光バックラ

バックライトの光の向きを制御・効率化することで、低消費電力化しながら、明るい液晶表示を実現しています。

一般的なバックライト 集光バックライト

光が拡散し、無駄が多い

一般的なバックライト

光を制御し、無駄が少ない

集光バックライト

タッチ機能

より直感的な操作を可能にする、タッチパネル搭載モデルの選択が可能です。

幅広いシーンにマッチする2色カラーリング

毎日持ち歩くモバイルPCだからこそ、カラーは大切なポイント。VAIO S13は、どんなシーンにも馴染むブラック、シルバー(新色)から選択可能です。

新シルバーは、VAIOのイメージカラーである「勝色」のニュアンスを含み、光の当たりかたによって、さまざまな表情を見せる、深みのあるカラー。ビジネスシーンはもちろん、カジュアルな場にもよく映えます。

  • ブラック
  • シルバー

Zの「快」を受け継ぐ
スタンダード。
VAIO S13はこの難題に
挑戦した。

「快」が仕事の生産性を高める。
VAIOのこの理念の頂点に立つZから精神を受け継いだモバイルが、VAIO S13。

全てのビジネスパーソンにビジネスモバイルの「快」を提供すべく、
トータルコストを意識しながら、必須機能を取捨選択。
ビジネスのリアルな現場を見据えたS13ならではの「快」は、
あなたに何の不満も不安も感じさせないはず。

VAIO S13
打鍵感、音にもこだわった「快」なるキーボード

VAIO Zと同じ打鍵感・音質

周りに気を遣うシーンで、意外と気になる打鍵音。高級車ブランドがエンジン音にこだわるように、VAIOは心地よい打鍵音にこだわりました。人間にとって耳障りな音域は、2KHz以上の帯域。それを避けるために、キートップを支える部品一つひとつの加工精度を高め、極限まで可動のブレを無くすことで、耳障りなノイズの低減に成功しました。
また、押し始めから押し切るまでの荷重カーブを、作り込むことで、心地よい打鍵感を実現しています。

キーボードの打鍵音比較

防汚コーティング

キートップには、専用開発したフッ素含有UV硬化塗装を使用。防汚性、耐指紋性を強化し、摩耗と皮脂油によるテカリを防ぎます。

【参考】表面がテカってしまったキートップ

バックラトキーボ

キートップの文字が明るく光って表示されるので、消灯後の機内やベッドの上など、暗い場所でもストレスなく使えます。

段差を押さえた「無限パームレスト」

使用時にキーボード奥部が持ち上がるチルトアップヒンジの採用により、机との段差を抑えた「無限パームレスト」を実現。手のひらや手首にかかる負担を大幅に軽減することで快適なタイピングが行えます。ヘアライン仕上げのアルミ素材は、手触りでもつくりの良さを感じることができます。

段差を押さえた「無限パームレスト」
確実に操作できる2ボタンタッチパッド

キーボードホームポジション中央下部にタッチパッドが配置されているので、自然な姿勢で操作が可能です。また、左右に2分割されたクリックボタンの採用に加え、タイピング時の誤タッチ防止機能により、クリック時や、文字入力中の誤操作が起こりにくいようにしています。

確実に操作できる2ボタンタッチパッド
Wi-Fiをがっちり掴む高感度アンテナ

アンテナの位置を最適化することで、電波の受信感度を向上。電波が弱い環境下での転送速度が向上しています。

高感度アンテナ

Wi-Fiデータ受信速度

11n5GHz

VAIO S13ノンタッチモデル
21.6Mbps
A社
3.2Mbps
B社
0Mbps

11n2.4GHz

VAIO S13ノンタッチモデル
41.1Mbps
A社
7.5Mbps
B社
6.4Mbps
仕事でも遊びでも役立つ高性能スピーカー搭載

大容量のボックススピーカーが、パワフルで臨場感のあるサウンドを再現。高音圧に加え、人の声を聴き取りやすくチューニングしているため、大きな会議室で音声を使ったプレゼンテーションを行なう際にも外付けスピーカーを用意する必要がありません。もちろん、クリアな良い音で音楽やムービーを堪能することもできます。

仕事でも遊びでも役立つ高性能スピーカー搭載

スリムでありつつ、
堅牢でもある。
VAIO S13はこの矛盾をも
乗り越えた。

ちょっとした衝撃や破損で故障し、ビジネスが止まってしまう。
それでは「快」にはつながらない。
だから「堅牢性」は、「快」の追求に欠かせない要素となる。

VAIO S13では、実際の使用環境下での剛性や
耐久性を測るための過酷な品質試験を実施。
故障のリスクを気にせず、あなたがどこでも持ち歩けるために。

強さと美しさを兼ね備えたマグネシウム合金ボディ

LCDハウジングには、マグネシウム合金を採用。特に負荷のかかるヒンジ部は、マグネシウムの削り出しにより、構造的に強度を高めました。また、底面には、高剛性樹脂を採用。キーボードやタッチパッド、ケーブルの抜き差し部分など、ボディ内部の負担がかかりやすい箇所に立ち壁状のリブを追加することで、堅牢性を高めました。剛性の向上は、キーボードやタッチパッドの操作性の向上にもつながっています。

補強リブで堅牢性を強化
“構造”でも強度を高めたHexa-shellデザイン

断面が六角形状に形づくられた「Hexa-shell(ヘキサシェル)」デザインは、衝撃に対する耐久性とデザイン性を兼ね備えます。

強さと美しさを兼ね備えたマグネシウム合金ボディ
過酷な品質試験に耐える圧倒的なタフネス

VAIO S13は、使う人にとって本当に必要な強さを厳しく追及しました。危険なシーンや蓄積されるダメージを具体的に想定した試験によって弱点をあぶり出し、改良を重ねた結果が、1台に集約されています。

ペン挟み試験

ペンを挟んで液晶を閉じた場合の耐久性を追求。
鞄の中で液晶とキーボードの間にペンが挟まった状態を想定し 円筒状の棒を挟んで強い力で閉じます。

ペン挟み試験
加圧振動試験

圧力と振動からデータを守る堅牢生を追求。
鞄に入れて満員電車に乗った場面などを想定し150kgf*もの圧力を加えたまま振動を与え続けた後動作確認を行います。

加圧振動試験
角衝撃試験

日々繰り返されるストレスに対する耐性を追求。
PCを片手で無造作に机に置いたときなどを想定し5cmの高さからの落下を5,000回、4つの角すべてで行います。

角衝撃試験
90cm落下試験

持ち運び時の落下に対する堅牢生を追求。
90cmはVAIOを脇に抱えた高さです(身長170cmの人の平均)。抱えていて落とすさらにはデスクから落とす場面なども想定し90cmからの落下を天地・両側面・前後の6面すべてで行います。

90cm落下試験
本体ひねり試験

突然の強いひねりからデータを守る堅牢生を追求。
通勤ラッシュ時の急停車などPCが人や荷物で押しつけられた状態を想定し大きなひねりを加えた後動作確認を行います。

本体ひねり試験
液晶ハウジング加圧試験

手・ひじ・鞄などで強く押しても液晶が壊れにくい構造を追求。
持ち運ぶ際に 液晶側を手で強く押してしまう状況などを想定し液晶側のハウジング(外装)を大きな力で直接加圧します。

液晶ハウジング加圧試験

*kgf=1キログラム(kg)の質量が標準重力加速度のもので受ける重力の大きさのこと。 重量キログラム。
※品質試験は、弊社の規格に基づいて特定の環境のもとで行われています。本製品の品質試験は、無破損・無事故を保証するものではなく、PCのデータを保証するものではありません。

企業導入を見据えた仕様要件をしっかりカバー

OSや他のハードウェアと独立して機能するセキュリティーチップ(TPM*1)を搭載可能。従来はHDDやSSDに保存していた暗号キーを独立して管理できるようにすることで、ビジネスの現場に必要な強固なセキュリティーを実現します*2。また、ネットワークを用いた休止状態/スタンバイ状態からの起動(Wake On Lan)や、ポート/スロットの無効化が可能なBIOSセットアップにも対応し、企業がシステム管理上必要となる仕様・要件を押さえています。

*1:TPM:Trusted Platform Module。
*2:TPMは、データやハードウエアの完全な保護を保証するものではありません。

OSやOfficeを好きなエディションから選ぶことができます

社内システム環境にあったOS/Officeを選ぶことができます。

OS
Windows 10 Pro 64ビット VAIOがお勧めする Windows 10 Pro
Windows 10 Home 64ビット
Windows 7 Professional with Service Pack 1 64 ビット*
Windows 7 Professional with Service Pack 1 32 ビット*
Windows 8.1 Pro Update 64ビット*

* Windows 10 Pro 64ビットライセンス付

Office
Office Professional Premium プラス Office 365 サービス
Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
Office Personal Premium プラス Office 365 サービス
Office Professional 2016*
Office Home and Business 2016*
Office Personal 2016*
Office Professional 2013
Office Home and Business 2013
Office Personal 2013

* 3月中旬発売予定

Core™ i7 プロセッサー

インテル® Core™ i7プロセッサー
Intel Inside® 圧倒的なパフォーマンスを

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook、Iris は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

※本ページに記載されているシステム名、製品名は、一般に各開発メーカーの「登録商標あるいは商標」です。