VAIO

新しいVAIOを堪能してください VAIO Cafe 2015.05.25-29

六本木ヒルズ内“Hills Cafe/Space”にて「VAIO Cafe」をオープン

Touch & Tryスペースでは、新製品のVAIO Z Canvasをはじめ、全てのVAIO製品をじっくりお試しいただけるほか、
初公開となる特別ムービーを会場で放映するなど、様々な趣向を凝らして準備中です。
また、期間中は毎日スペシャルイベントを開催いたします。

開催期間

2015年5月25日(月)〜 29日(金)

営業時間

11:00〜23:00

5月25日(月)は、13:00オープン、17:30クローズ

5月29日(金)の21:00をもって営業終了とさせていただきます。

※26日(火)〜29日(金)19:00〜21:00はイベントを行うため、お席が確保できない場合があります。

開催場所

六本木ヒルズ“Hills Cafe/Space”
東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズヒルサイド2F
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口徒歩0分
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口徒歩4分

Touch & Tryスペース
5月25日(月)
13:00〜17:30
5月26日(火)〜28日(木)
11:00〜23:00
5月29日(金)
11:00〜21:00
VAIO(株)
オリジナルグッズ販売

「VAIO Cafe」開催を記念して、VAIO(株)のオリジナルグッズを販売いたします。

オリジナル限定Tシャツ 4,000円(税込)
「VAIO Cafe」開催中のみ販売する、期間・数量限定のオリジナルTシャツです。

オリジナル名刺ケース 各1,500円(税込)
VAIO Z Version / VAIO Z Canvas Versionの2種類をご用意しています。

期間限定VAIOカフェラテ販売
「VAIO Cafe」開催中のみ販売する、VAIOロゴのラテアートが入ったカフェラテを販売いたします。

スペシャルイベント 1 「VAIO meeting 2015 #2」

5月25日(月)19:00〜21:00
  • VAIO Z Canvas設計者による開発秘話トークショー
  • VAIO Z Canvasを使った、AR(拡張現実)アプリをライブ制作
  • 抽選会 他

ご応募は5月1日をもちまして、締切とさせていただきました。

  • ※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • ※当選のご案内は2015年5月13日頃を予定しております。ご当選者以外は、こちらのイベントにはご参加いただけませんので、予めご了承ください。

スペシャルイベント 2 「クリエイターズトークショー」

5月26日(火)〜5月29日(金)

各分野で第一線の活躍をされているクリエイターの方々をお招きして、トークショーを開催いたします。
どなたでもご参加いただけるイベントですが、席数に限りがございますので、ご応募いただいた方にはお席を確保させていただきます。

5月26日(火)19:00〜21:00 Graphic Design / DTP DAY

KASICO氏(グラフィックデザイナー)× MdN編集部 野口氏

グラフィックデザインにおけるVAIO Z Canvasの可能性について講演。
MdN編集部 野口氏との対談形式で、ペン描画を活用したモーショングラフィックなどを実演。

KASICO
'85年東京生まれ GRAPHIC DESIGNER/ART DIRECTOR kasico.jp
デザイン会社を経て2013年より独立。広告や音楽関係などのアートディレクション、グラフィックデザイン、ミュージックビデオディレクション、アパレル関連テキスタイルデザインイラストレーション、アニメーションなどを用いて活動中。
野口 尚子(のぐち なおこ)
1984年生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。
デザイナーへ向けた印刷や加工に関する著書、雑誌記事の執筆に携わっていたところから「月刊MdN」編集者へ。著書に『Play Printing しくみを知って使いこなす、オフセット印刷、紙、インキ』(BNN新社)、『印刷・加工DIY ブック』(共著・グラフィック社)など。印刷技術や出力機材などのほか、イラストとCGアプリケーション、パフォーミングアーツと装置・演出など、表現を支えるエンジニアリングに広く関心を持つ。
月刊MdN http://www.mdn.co.jp/di/MdN/

Adobe 岩本 崇氏 × 「24時間Illustrator」初代Ai-1グランプリ王者 高橋 としゆき氏

VAIO Z CanvasでのIllustratorの活用ヒントを紹介。
4月24日に行われたAdobe主催「24時間 Illustrator」での初代Ai-1グランプリ王者、
高橋としゆき氏とAdobe岩本氏の対話によるVAIO Z Canvasの活用例を紹介。

初代Ai-1グランプリ王者 高橋 としゆき(たかはし としゆき)
愛媛県を中心に活動するフリーランスのグラフィックデザイナー。
紙媒体からウェブまで幅広いジャンルを手がけ、デザイン系の書籍も多く執筆。代表著書に「Illustratorプロフェッショナルの教科書(株式会社エムディエヌコーポレーション発行)」など。4月24日に行われたAdobe主催「24時間 Illustrator」での初代Ai-1グランプリ王者に輝く。
5月27日(水)15:00〜18:00 / 19:00〜21:00 Manga / Illustration DAY

15:00〜18:00 颯田 直斗氏(漫画家)

VAIO Z Canvasで描くデジタル漫画制作 〜ネームから仕上げまでライブドローイング〜

颯田 直斗(さった なおと)
漫画家・イラストレーター。自作左手デバイス開発者としても評判が高い。
和装、刀剣、武道、工学を得意とする。また、巫女好きが高じて神道を学ぶ。
代表作「巫女と科学の嘘八百万」「マンガ世界の偉人 チャールズ・ダーウィン」「戦国 BASARA 〜soul revolution〜」等。イラストレーターとしては「二次元 vs 日本刀展 国宝 『九鬼正宗』」「tCG ラストクロニクル」等に参加。

19:00〜21:00 鈴木 マサカズ氏(漫画家) × 講談社「モーニング」編集部 田渕氏

漫画制作におけるVAIO Z Canvasの可能性について講演。
開発当初にモニタリングでご協力いただいた鈴木マサカズ氏、講談社「モーニング」編集部の田渕氏、VAIO株式会社商品プロデューサーの3名で、モニタリング中のエピソードやVAIO Z Canvasの進化について語る。

鈴木 マサカズ(すずき まさかず)
漫画家。静岡県出身。1973年生まれ。京都精華大学テキスタイルデザイン学科卒。
1996年にスピリッツ増刊21にて『DIAL Q』でデビュー。主な作品は『無頼侍ーぶらいざむらいー』『ラッキーマイン』『ダンダリンー○ー』『武装島田倉庫』等。現在、漫画ゴラクスペシャルにて『ー町田ほろ酔いめし浪漫ー人生の味』連載中&新連載準備中。
Twitter ID: @suzukimasakazu

19:00〜21:00 有田 満弘氏(イラストレーター)

Corel Painter 2015でのライブドローイング。Painterの豊富なブラシを活用した描画テクニックの紹介。

有田 満弘(ありた みつひろ)
1996年『ポケモンカードゲーム』シリーズ第一弾への参加をきっかけに、フリーランスイラストレーターとして活動開始。当初よりペインターを使用し、液晶ペンタブレットを搭載したVAIO LX用でも付属のペインター活用法を執筆。近年は国内外でのイベント参加、教育機関でのセミナーやライブペイント活動多数。
代表作:『ポケモンカードゲーム』、『ファイナルファンタジーXI』公式サイトコンテンツイラスト、映画『ベルセルク黄金時代編』世界観設定、XBOX360『カルドセプトサーガ』カードイラスト、小説『ガフールの勇者たち』シリーズ挿絵『データカードダス仮面ライダーバトルガンバライド』キービジュアル
書籍:『武器甲冑図鑑』(新紀元社)『人物画レッスン帳』(MdN)
5月28日(木)19:00〜21:00 Movie / Animation DAY

鹿野 宏氏(フォトグラファー)× 玄光社「コマーシャル・フォト」編集部編集長 川本氏

一眼ムービー撮影・編集におけるVAIO Z Canvasの活用事例紹介。
コマーシャル・フォト6月号「一眼ムービーなんてこわくない」連載記事との連動企画。

鹿野 宏(しかの ひろし)
デジタルカメラの黎明期からほとんどの一眼レフタイプのデジタルカメラを遍歴。電塾事務局長としてカラーマネジメントからデジタルフォトに関する数多くのセミナーを開催。写真撮影では2億画素超の巨大な画像を扱い、2009年から動画撮影をスタート。WEB上の動画、デジタルサイネージ、社内教育用などの「ミニマル動画」を中心に活動している。月刊「コマーシャル・フォト」で「一眼ムービーなんて怖くない!」http://shuffle.genkosha.com/products/dslr/nofear/を連載中。
株式会社Labサイト http://www.hellolab.com/
川本 康(かわもと やすし)
雑誌編集者。1962年広島市生れ、早稲田大学第一文学部卒。
1986年玄光社に入社し、「ビデオサロン」編集部を経て、1996年に「コマーシャル・フォト」編集部、2011年より編集長。写真・映像の表現はテクノロジーと表裏一体であるとの考えのもと、デジタルカメラ、フォトレタッチ、一眼レフムービー、プロジェクションマッピング、4Kなど、ジャンルにこだわらず表現とテクノロジーの最前線を取材する。

神山 健治氏(アニメ監督)× クリストフ・フェレラ氏(アニメーター)× 堀 元宣(アニメーター、演出家)

アニメーション制作におけるVAIO Z Canvasの可能性についての講演。
シグナル・エムディでのVAIO Z Canvasを活用したアニメーションのフルデジタル化の取り組みを紹介。
クリストフ・フェレラ氏から、作画例紹介。

神山 健治(かみやま けんじ)
1966年生まれ。高校卒業後、アニメの自主制作を経て、背景美術スタッフとしてキャリアをスタート。『人狼JIN-ROH』、映画『BLOODTHELASTVAMPIRE』等を経て、映画『ミニパト』で初監督。その後、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズを監督し、ビデオグラムセールスが累計230万枚を超える大ヒットとなる。続いて『精霊の守り人』を監督。一般層・高年齢層にも大きな評価を得る。『東のエデン』では原作・脚本・監督を務め、初の完全オリジナル作品として高視聴率をマーク。最新作『009 RE:CYBORG』は2012年10月に公開し、ロングランを記録した。
クリストフ・フェレラ
1975年生まれ。日本在住のフランス人アニメーター、漫画家。大塚康生氏の紹介を経て来日し、テレコム・アニメーションフィルムへインターンシップする。その後フランスのゲーム・アニメ制作会社アンカマに勤務。その後フリーになり現在に至る。TVアニメでは「バスカッシュ!」に美術設定・背景で参加。「LUPIN the Thirdー峰不二子という女ー」に原画で参加。劇場アニメではGALA(ジーニアス・パーティ・ビヨンド)、「クレヨンしんちゃんガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」などに原画で参加している。「ミロの世界」という漫画も発表している。(邦訳版未発売)
堀 元宣(ホリ モトノブ)
1976年生まれ。日本在住のアニメーター、演出家。TVアニメでは、「魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ〜」、「PSYCHO-PASS サイコパス」、「翠星のガルガンティア」に作画監督、「BECK」ではキャラクターデザイン、演出、絵コンテ等で参加。劇場アニメでは「ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵」、「ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略」、「ベルセルク 黄金時代篇 III 降臨」等に絵コンテで参加、「009 RE:CYBORG」では美術設定で参加している。

Adobe 古田 正剛氏

VAIO Z CanvasでのPremiere ProおよびAfter Effectsの活用ヒントを紹介。
NBA2015で公開された新機能も紹介。

5月29日(金)19:00〜21:00 Photo DAY

御園生 大地氏(フォトグラファー)

フォトグラファーにおけるVAIO Z Canvasの可能性について講演。
レタッチやカラーマネジメント、外出先での活用方法やテクニックを具体的に紹介。

御園生 大地(みそのお たいち)
フォトグラファー、レタッチャー、3DCGクリエイター。
東京ビジュアルアーツ卒業後、撮影会社に12 年勤務。2013 年よりフリーランス。建築竣工写真撮影、大手家電メーカーの製品写真レタッチをベースに幅広く撮影・レタッチ業務をこなす一方、近年3DCG製作の分野へ進出。 Photoshop やレタッチのセミナー登壇、執筆実績多数。

Adobe 栃谷 宗央氏

VAIO Z CanvasでのPhotoshopおよびLightroomの活用ヒントを紹介。